Monthly Archives: 10月 2016

先見の明

こんばんは。 福島遠征は痛み分け。 後一本のところまで追いついたものの逆転出来ず、逆にそこから点差を広げられてしまった。 チームの力で闘うのでは無く、個の力に頼る時間帯が多過ぎた。 監督の予感的中。 そういった予感を良い意味で裏切れなかった。 BE TOUGH 個人としてのステップアップ、チームとしてのステップアップ。 勝ちの中から学んでいけていなかったんだろう。 今回の試合から学び、活かし、競い、また積み重ねていこう。 感謝&合掌...
More

コート上

コート上では競い合いしかない。 年齢、性別、人種、産まれ、実績、その他諸々は何も意味を持たない。 どれだけ自分の覚悟があるか どれだけバスケにかける情熱があるか どれだけ人生をかけてるか 僕は負けたくない一心で日々のコートに立ってる 表現出来ている日もあれば、そうでない日も勿論ある。 でも、常に信念はブレてないつもりだ。 それはプロになってから一度も。 それが幹となり多くの実りをもたらせてくれた。 美味しい実もあれば、びっくりするぐらいに不味い実もあった。 でも全ては自分が行動する事で育てた実のりだ。 僕にとっては大切な経験であり、財産。 コート上ではバスケの技術だけでなく、全てが試される。 だからこそ人間としての成長が必要不可欠なんだと思う。 情熱が自分を動かし成長させる。 それが出来なきゃ俺じゃねえや。 人のふり見て我がふり直せ。指は常に自分へ向ける。 よっしゃ、まだまだいける!!! 感謝&合掌...
More

Not point finger

わんばんこ。 めっきり寒くなってきましたね。 皆様、いかがお過ごしでしょうか。 WARAは何とか元気にやっておりますw チームは7連勝と勢いに乗っております。 こんな時は自信が湧いてくるだけに緩みが怖く、普段やっている事をないがしろにしがち。 結果に左右される事なく、普段やっている事をいつも通りに遂行する。 最善の準備をし試合に臨む。 ただそれの繰り返し。 指先は常に自分に向ける。 自分には何が出来るのか、自分の足らない部分は何なのか。 決して他の人に指を向けてはならない。 成長の鍵は常に自分の中に。 だからこそ人生は楽しい。 感謝&合掌...
More